西東京市で整体・腰痛なら
うえだ整骨院

〒202-0021 東京都西東京市東伏見2-6-2
東伏見駅南口から徒歩30秒

受付時間
月火木金 9:00~19:00
  水土 9:00~12:00
定休日
日曜・祝日

お気軽にお問い合わせください

042-469-0381

正しいアイシングの方法

仕事や運動で体を動かした後、どこかに痛みを感じたことはありませんか?

例えば、肩や腰、膝や足首など・・・。
そして、その痛みがジッと安静にしているのにズキズキとうずくような痛みだったら要注意です。

そんな時、手の甲を痛い箇所と反対側の痛くない箇所に当てて、熱の差を感じて下さい。

もし、痛い方に熱っぽい温かさを感じたら、その痛みの原因は筋肉や関節が傷ついて炎症を起こしているために起きている可能性が高いです。

この状態は冷やして熱をとってあげると痛みが楽になります。


これがアイシングです。


正しいアイシングのやり方

1.手のひらサイズのタオル1枚、氷水を入れる袋1つ、用意します。

 

2.氷水を袋に入れ、手のひらサイズのタオルを水で濡らします。

 

3.熱を感じた箇所に濡れたタオルをのせそして、その上から氷水をのせて20分間冷やします。

氷が溶ける際に熱を取り去ってくれるので、冷湿布やアイスノンよりも氷水がベストです。


4.20分後、氷水をはずして体温が自然に元に戻るのを待ちます

5.その際、ズキズキとうずくような痛みが治まっていたらその後は冷やさなくて大丈夫です。

もし、再びズキズキとうずき出したら繰り返し冷やします。 (ただし前回冷やしてから2~3時間はあけてください)

3~4回ほど繰り返し冷やした後、安静に過ごして下さい。


  
アイシングの注意点

  1.20分以上は冷やさない

  2.再度冷やす場合は、前回から2~3時間あけてから


  3.冷やした後は安静にする



アイシングは熱をとり痛みを抑える事が目的ではありません。
冷やされた事による人体の反作用で、逆に血行が良くなり回復を早めるのが本来の目的です。

ですから、20分以上は冷やしてはいけません。
痛いからといって冷やし続けていると、ただの血行が悪い部位になってしまうので、回復を早めるどころか遅くしてしまうこともあります。


そして、これはあくまでも応急処置だということを知っておいて下さい。
熱をとっても傷が修復されるわけではありません!
アイシングをした後は安静にして出来る限り、傷ついた場所を再生させましょう。

通常筋肉なら修復に1~3週間、靭帯なら2~5週間かかると言われています。

アイシングを必要とする熱を伴う痛みは組織が傷ついているということを忘れないでください。
そして、しっかり治して日常生活を楽しく過ごせるようにしましょう。

お電話でのお問合せはこちら

042-469-0381
受付時間
月・火・木・金 9:00~19:00
水・土     9:00~12:00
定休日
日曜・祝日

院長施術 予約空き情報

本日

北海道出張往診のためお休みです


一般診療は予約の必要はありませんのでそのままお越しください。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

042-469-0381

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

受付時間

受付日
 
午前 ×
午後 × × ×
受付時間

月火木金 9:00~19:00
  水土 9:00~12:00

定休日

日曜・祝日

2009年より、CS自律神経活性法のセミナーを行っております。学んですぐできるような簡単な技術ではありませんが、本気で患者様を改善したい先生は大歓迎です。