西東京市で整体・腰痛なら
うえだ整骨院

〒202-0021 東京都西東京市東伏見2-6-2
東伏見駅南口から徒歩30秒

受付時間
月火木金  9:00~12:00
              15:00~19:00
  水土  9:00~12:00
定休日
日曜・祝日

お気軽にお問い合わせください

042-469-0381
踵の痛みの種類と原因

体のバランスによって負担のかかる
場所が変わり痛む場所も変わります。

朝起きると踵が痛くて歩くのもままならない。しかし、我慢して動いてくると次第に痛みが治まってくる。そんなことありませんか?
特に夏から秋にかけて多くなるこの症状について解説していきます。

 

<踵の痛みの種類>

・踵の骨が地面に着く場所が痛む

・アキレス腱の付着部辺りが痛む

・踵の骨の内側が痛む

・土踏まずの踵寄りが痛む

踵の痛みは大体上記の4種類に分かれますが、それぞれに負担がかかっている場所が違うので痛みも違う場所に出ます。また、これら4種類の場所が複合して痛む場合もあります。特に土踏まず踵寄りが痛む方は整形外科でレントゲンを撮ると分かるのですが、骨棘という骨のトゲができていることがあります。

他の部分は踵の骨(踵骨)の骨膜に炎症を起こしている場合やアキレス腱やその周囲に炎症を起こしているものがあります。

また、踵を急激に打ち付けるなど骨折の痛みはここでは割愛させて頂きます。このような場合は整形外科へ早急に受診してください。

 

<踵の痛みの原因>

高い場所から飛び降りるなど突発的に起こる怪我は別として、踵の痛みは特に思い当たる原因もなく起こってきます。また、なぜ朝痛む事が多いのでしょうか?

その理由はふくらはぎ(腓腹筋やヒラメ筋)の緊張による張りに影響されるからです。特に朝は1日のうちで一番筋肉の状態が硬くなるので筋肉がついている踵の骨に一番負担がかかってしまいます。

少し難しくなりますが詳しく説明すると、

ふくらはぎの筋肉は全て足首の部分でアキレス腱になり踵の骨に付着しています。ふくらはぎの筋肉が張ってしまうと踵の骨を上に引っ張ってしまい、足を着地した際の土踏まずのクッションを使えなくなってしまいます。

そうなると足をつけたショックが吸収されずに踵の骨にもろに伝わってしまいます。

歩き方が踵から着地する人はさらにこの傾向が強くなりますので

注意が必要です。

うえだ整骨院での施術

うえだ整骨院での施術は踵のどの部分が痛むかで、体全体のどのバランスが崩れていくかを判断してその崩れたバランスを整える施術を行っていきます。

しかし、それだけでは変形性の踵の痛みは改善しないので踵のアライメント調整も併用していきます。

踵は歩くだけでも負担がかかり、中々安静にしにくい場所なので改善するのには時間がかかります。

しかし、しっかりと体のバランスを整えふくらはぎの筋肉が柔らかい状態を作るとまず、改善が見込める症状です。

お電話でのお問合せはこちら

042-469-0381
受付時間
月・火・木・金 9:00~12:00
         15:00~19:00水・土     9:00~12:00
定休日
日曜・祝日

院長施術 予約空き情報

本日(5月26日(木))

キャンセルは出ておりません

 

 

※一般施術は予約の必要はありませんので受付時間内にお越しください。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

042-469-0381

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

受付時間

受付日
 
午前 ×
午後 × × ×
受付時間

月火木金 9:00~12:00
    15:00~19:00
  水土 9:00~12:00

定休日

日曜・祝日

2009年より、CS自律神経活性法のセミナーを行っております。学んですぐできるような簡単な技術ではありませんが、本気で患者様を改善したい先生は大歓迎です。