西東京市で整体・腰痛なら
うえだ整骨院

〒202-0021 東京都西東京市東伏見2-6-2
東伏見駅南口から徒歩30秒

受付時間
月火木金 9:00~19:00
  水土 9:00~12:00
定休日
日曜・祝日

お気軽にお問い合わせください

042-469-0381

むやみな腹式呼吸はやめましょう!

腹式呼吸は体に良いので、日々実践している方は非常多いと思いますが、

 

ちょっと待ってください!!!

 

腹式呼吸の意味をご存知ですか?

腹式呼吸の本当の意味

腹式呼吸はお腹を動かすことによる呼吸法で、内臓を動かし自律神経である副交感神経を刺激して身体を回復モードに導いてしまいます。

それ自体は非常に良いことなのですが、自律神経における副交感神経は主に眠るときに働くもので、日中活動するときに中途半端に活動させてしまうと体の活動と回復のリズムが狂い自律神経のバランスが崩れてしまいます。

元来、人は起きている時は胸式呼吸、横になった時は腹式呼吸に自動的に切り替わるようにできています。

しっかりと睡眠がとれていれば本来問題はないのですが、現代人は生活習慣やストレスにより交感神経が興奮しすぎていて副交感神経が働く時間が足りません。

よって、寝る前にはしっかり腹式呼吸をやってほしいのですが、日中に腹式呼吸を行うと本来筋肉に血液を送り活動しなければならない体に、内臓に血液を送ることによって、身体を回復モードにしてしまいます。

日中は胸式呼吸、寝る時は腹式呼吸が本来人間のあるべき呼吸のリズムなのです。

腹式呼吸を行う最適な時間

腹式呼吸は寝る前にできれば、布団に入ってからやりましょう

寝る前にやることにより、眠る神経の副交感神経が働き体をより回復に導きます。

腹式呼吸をたくさん行っているのに体調が上がらない人は筋肉の機能が落ちているかもしれません。

もちろん、体調が上がらない理由はそれだけではないのですが、自律神経のリズムを整えるためにも、日中は胸式の深呼吸を行い、しっかり筋肉に酸素を送りしっかり身体を支える力をつけてください。

そして、夜寝る前に腹式呼吸を行い副交感神経を働かせて内臓に酸素を含んだ血液を送り、身体を回復させましょう!

最後に体力を復活させる深呼吸のやり方を紹介します。

体力を復活させる深呼吸のやり方

1、背筋を伸ばしリラックスして胸一杯に息を吸います。
2、そのまま、3秒息を止めます。
3、ゆっくり肩の力を抜きながら息を吐きます。
4、これを三回繰返します。

一日何回行っても良いので、気づいた時に行って下さい。

また、自律神経がしっかり機能していないとせっかく行った呼吸法も効果が半減してしまいます。

深呼吸を行っても今一効果が感じられない人は一度、

当院の自律神経の調整であるCS自律神経活性法をお勧めいたします。

前の記事

お電話でのお問合せはこちら

042-469-0381
受付時間
月・火・木・金 9:00~19:00
水・土     9:00~12:00
定休日
日曜・祝日

院長施術 予約空き情報

本日

北海道出張往診のためお休みです


一般診療は予約の必要はありませんのでそのままお越しください。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

042-469-0381

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

受付時間

受付日
 
午前 ×
午後 × × ×
受付時間

月火木金 9:00~19:00
  水土 9:00~12:00

定休日

日曜・祝日

2009年より、CS自律神経活性法のセミナーを行っております。学んですぐできるような簡単な技術ではありませんが、本気で患者様を改善したい先生は大歓迎です。