西東京市で整体・腰痛なら
うえだ整骨院

〒202-0021 東京都西東京市東伏見2-6-2
東伏見駅南口から徒歩30秒

受付時間
月火木金  9:00~12:00
              15:00~19:00
  水土  9:00~12:00
定休日
日曜・祝日

お気軽にお問い合わせください

042-469-0381

車の運転が多い人の腰痛予防

長時間運転した後、腰が伸びなくなることありませんか?

普段運転をしているプロドライバーだけでなく、一般の方でも長く運転をした時に腰痛を訴える方は少なくありません。

ひどい方は運転中に腰が痛くなるだけでなく、坐骨神経痛や足の痺れが出る方います。このページでは運転で腰が悪くなる理由とその対処法をご紹介します。

運転で腰が悪くなる理由

1. 運転時、座る時の姿勢が悪く腰椎に負担をかけてしまっている。

2. 道路の傾斜やカーブで腰の位置がずれることにより、骨盤に負担がかかっている。

3. 右足操作をやりやすくするため、無意識に左側に体重をかけて座っている。

 

 

腰痛予防対策

1. 運転時の姿勢が悪い人

 ⇒腰にクッションを当てる

人間の腰は元来沿っているのが生理的に正常な状態なので、運転で腰が逆側に丸まってしまっている状態は腰に良くありません。運転以外でも座る時は腰が丸まらないようにするのがベストですが、中々常に意識するのは難しいです。そこで、運転中はバスタオルなどを硬く丸めたものを腰に当てて、腰が本来の反りを維持して丸まらないようにするのがお勧めです。

2. 左右均等に座る

右足でアクセルブレーキを操作するため、左側に体重をかけて座る方が多くいます。信号などで止まった際はシートに左右均等に座っているかどうかチェックしてみて下さい。また、横滑り防止のクッションや運転シートも販売されていますので座席位置の横滑りが気になる方は試してみて下さい。

3. 車から降りたら歩行や屈伸運動等、足の血行を改善するように体を動かす。

どんなに気をつけても車の運転は座っている姿勢なので、動いている時と比べて下半身の血行が悪くなってしまいます。痛みが出ないからと言って体の中に何も起こっていないわけではありません。車に限らず長く座った後は下半身の血行を改善するために軽い体操を行うことをお勧めします。

 

お電話でのお問合せはこちら

042-469-0381
受付時間
月・火・木・金 9:00~12:00
         15:00~19:00水・土     9:00~12:00
定休日
日曜・祝日

院長施術 予約空き情報

本日(6月28日(火))

キャンセルは出ておりません

 

 

※一般施術は予約の必要はありませんので受付時間内にお越しください。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

042-469-0381

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

受付時間

受付日
 
午前 ×
午後 × × ×
受付時間

月火木金 9:00~12:00
    15:00~19:00
  水土 9:00~12:00

定休日

日曜・祝日

2009年より、CS自律神経活性法のセミナーを行っております。学んですぐできるような簡単な技術ではありませんが、本気で患者様を改善したい先生は大歓迎です。